長崎市

災害の歴史

(1) 昭和57年7月23日、長崎市を襲った集中豪雨(7.23長崎大水害)は、降り始めから3日間で573mmを記録し、死者・行方不明者262名 家屋全壊579戸 被害総額2,119億円という甚大な被害をもたらしました。災害が市内全域に及んだため、市は全団員を招集し、団長の指揮の下、住民の避難誘導活動・生き埋め等の救出救助活動を実施。迅速、的確な活動により1,000人以上の住民を救出しました。
(2) 平成3年9月27日の台風19号では、死者5名、家屋全壊158戸という被害をもたらしました。長い海岸線を持つ本市では、高潮が発生したため、海岸地区の団員は住民を迅速・的確に避難誘導するとともに、危険箇所の警戒を実施し、被害を最小限度に抑えました。
(3) 平成14年10月1日、建造中の豪華客船ダイヤモンド・プリンセス号(全長290m/総トン数113,000トン)の第5デッキから火災が発生しました。管轄する地区の全分団が出動し、爆発の危険性があったにもかかわらず、危険を顧みず延焼防止を図るとともに、常備消防への補水や後方支援も実施しました。また、関係機関と相互に協力し的確で緊密な連携を図り、負傷者等を1人も出すことなく、36時間にも及ぶ不眠不休の消火活動を実施しました。

長崎市消防局 予防課 市民消防係
〒850-0032 長崎市興善町3番1号
電話:095-822-0425(直通) / FAX:095-829-1067 / E-mailで問い合わせる
3
消防団員になるには 消防団員大募集!! お問い合わせ サイトマップ 長崎県の消防団確保対策 消防団を中核とした地域防災力の充実強化に関する法律

お問い合わせ先

管理者団体
長崎県(消防保安室)
県内各消防団(事務局)
住所
[長崎県消防保安室]
〒850−8570
長崎市江戸町2番13号
連絡先
電話:095-895-2146(直通)
FAX:095-821-9202
E-mailでのお問い合わせはこちら