南島原市

災害の歴史

 平成3年6月3日に死者・行方不明者43名の犠牲者をだした雲仙普賢岳噴火災害は、日本で初めて居住区域に警戒区域を指定することとなった未曾有の長期自然災害であった。本市の旧深江町でも警戒区域と避難勧告区域の指定により、943世帯が避難生活を余儀なくされた。災害当初は体育館等を避難所として利用していたが、避難の長期化に伴い旅館(小浜温泉)等の利用も行った。その後、仮設住宅設置等の対応がなされた。住民の中には避難生活が2年間におよぶ人もあった。

南島原市総務部総務課 防災交通班 
〒859-2211 南島原市西有家町里坊96番地2 
電話:0957-73-6621 / FAX:0957-82-3086  / E-mailで問い合わせる
3
消防団員になるには 消防団員大募集!! お問い合わせ サイトマップ 長崎県の消防団員確保・組織強化事業 消防団を中核とした地域防災力の充実強化に関する法律

お問い合わせ先

管理者団体
長崎県(消防保安室)
県内各消防団(事務局)
住所
[長崎県消防保安室]
〒850−8570
長崎市尾上町3番1号
連絡先
電話:095-895-2146(直通)
FAX:095-821-9202
E-mailでのお問い合わせはこちら