消防団について

消防団の現状

 平成29年4月1日現在、全国で2,209団が設置されており、85万418人が消防団員として地域の安全を守るために活躍しています。
 消防団員は、それぞれの地域において、普段は本来の職業に就きながら、いざ火災などが発生した場合には、「自らの地域は自ら守る。」という郷土愛護の精神を持って、いち早く現場へ駆けつけ、消火活動や警戒、救護などに活躍する「まちのヒーロー」とも言うべき人たちです。
 平成25年2月に発生した長崎市のグループホーム火災では、救助・避難誘導、平成28年4月の熊本地震では、地震発生直後の避難誘導や行方不明者の捜索活動を行うなど、災害発生時において大きな役割を果たしています。
 しかし、過疎化や少子高齢化の進展、産業構造・就業構造の変化等により、団員数は減少の一途をたどっており、地域防災力の低下という観点から全国的に大きな課題となっています。

本県も減少数において上位に位置しています。

1
消防団員になるには 消防団員大募集!! お問い合わせ サイトマップ 長崎県の消防団確保対策 消防団を中核とした地域防災力の充実強化に関する法律

お問い合わせ先

管理者団体
長崎県(消防保安室)
県内各消防団(事務局)
住所
[長崎県消防保安室]
〒850−8570
長崎市江戸町2番13号
連絡先
電話:095-895-2146(直通)
FAX:095-821-9202
E-mailでのお問い合わせはこちら